NEWSお知らせ

2019.01.07 アナウンス

新年のご挨拶

 

新年明けましておめでとうございます。旧年中は、弊社ならびに川田工業グループ各社をご愛顧・ご高配を賜り誠にありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

川田工業株式会社は1958年(昭和33年)に創業、昨年の暮れの12月5日に60周年を迎えました。これも偏に、長年に渡る官公庁・民間並びに地域社会の皆様方からの多大なるご理解とご支援によるものと、深く感謝申し上げます。

弊社は半分の歴史を平成と共に歩んで参りました。本日のちょうど30年前、昭和64年1月7日に昭和天皇が崩御されました。その日は大変複雑な心境で偶然にも日が重なってしまった30周年の祝賀会を執り行なわなければならず、平成はまさに波乱の門出となりました。

平成元年は、その後に続く平成3年から5年へのバブル崩壊への序章のような年で、12月に日経平均株価が3万8千円を超えピークに達すると、その次の平成2年の10月にはわずか9ヶ月で2万円台を割り、価値が一挙に半分近くなってしまいました。その後「失われた20年」と言われる、デフレスパイラルに日本は突入するのです。

昨今、ここ日本を取巻く経済情勢は、千百億兆円まで膨れ上がった国の借金、高齢社会と少子化による労働人口の著しい減少、政府が推進する働き方改革の実効性等、多くの問題を抱えていますが、その反面、AI に代表される新興技術の活用や日本で働く事を希望する外国人労働者の存在という前向きな要素も少なくはありません。

何れにしましても、猪年はいろいろな難しいことが起きると言われる年であります。既存の価値観を払拭し、新しい時代に向かっていかなければ未来はないことだけは確かであります。職員一同、気持ちを新たに切り替え、どんな困難にも向かう気構えを持ちまして、社業に邁進する所存でございます。

皆様におかれましては、改元となる本年が健康で充実した素晴らしい一年となりますことを、心よりお祈り申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

平成31年1月7日

川田工業株式会社

代表取締役社長
川田章博  

CATEGORY
カテゴリー

PRIVACY POLICY