NEWSお知らせ

2022.08.25 会社・仕事紹介 土木部

パイプライン工事

私は入社以降かんがい配水事業に現場担当者として携わることが多く、昨年初めて現場代理人になりました。通算8工事目となる今回は、施工延長1,100m程の工事でした。
かんがい配水事業とは、農業地帯において農業用水の安定供給や生産性の向上、また経営の安定を図るために用水路の整備を行うというものです。各畑で農業用水を使えるようにするため、ダムからの水を写真の通りダクタイル鋳鉄管「パイプライン」に流します。

パイプライン工事では農家さんとの苦情やトラブルがないように進めていくこと、また供用開始後に漏水がないように施工することが重要です。各農家さんによって畑の質や扱い方はそれぞれ違うので、日々コミュニケーションをとり、要望を受け入れながら施工方法を考えていきます。
品質管理では管と管の接続が不良だと、そこから漏水を起こしてしまうため、1箇所ずつ丁寧に点検を行います。
地下に埋設するため完成品を見ることができず、供用開始までは数年かかるため、正直農家さんたちの役に立つ仕事をしたという実感は湧きにくいですが、今回の経験を踏まえ次はもっと効率を上げられそうだという手応えを感じたので、更にスムーズに工事を進められるよう頑張りたいと思います。

[土木部 青木]

CATEGORY
カテゴリー

PRIVACY POLICY