NEWSお知らせ

2019.07.17 土木

外国人技術者デビュー

今年の4月に入社し、弊社の土木舗装部に配属されたベトナム出身のハ・シ・バ君は、6月から私が担当している工事現場で技術者の一人としてデビューしています。

当現場は、農業用水を整備するため導水管路を設置する工事で、私を含め4名の職員で施工していましたが、バ君が加わり5名体制となりました。

バ君は、5月までは日本の自動車運転免許の取得や、日本語能力試験N3合格に向けての勉強と日常会話に励んでいましたが、現場で働きたいという本人の希望もあり、6月から現場勤務になりました。

まだまだ日本語の日常会話に努力が必要なバ君にとって、現場での土木専門用語を交えた会話は大変ですが、本年12月に実施される日本語能力試験N2チャレンジに向けての日本語を勉強しながら、現場では工事測量や図面を描く仕事に従事しています。

現場では職員や協力業者に進んで話しかけ、笑顔で会話をするバ君の積極的な姿勢に感心するとともに、彼は日本語を学び来たのではなく、土木技術者になるためにベトナムから日本に来たのですから、まずは「習うより慣れよ」で今後に期待です。

家族を祖国に残し1人で日本に来ている寂しさや会話の通じないもどかしさ、そしてベトナムでは経験したことのない北海道十勝の冬の寒さなど、これからクリアしなければならないハードルがいくつもありますが、持ち前の明るさと積極性で乗り越え、弊社に無くてはならない現場スタッフになってくれると期待しています。

〔土木舗装部 今多〕

CATEGORY
カテゴリー

PRIVACY POLICY